様々な自然エネルギー

畑と太陽

地球温暖化が問題となっており、赤道付近の島は水面下に消えてしまうリスクに晒されています。
化石燃料を燃やし続けることが難しくなっています。
しかしながら東日本大震災による福島原発の事故の影響で日本の原子発電所はすべてで稼働を停止しています。
今後の代替エネルギーとしては再生可能エネルギーの活用が期待されています。
地熱や風力、波力等代替候補はいくつかありますが、現実的に考えると太陽光が最も有力と思えます。
全国的に太陽光発電設備の設置は進んでおり、個人住宅でも屋根にパネルを設置して自分の家で使う電力は自給自足しようとする動きも出て来ています。
今後は天候に左右される太陽光を如何に備蓄するかの技術開発が鍵となってきます。

太陽光発電をする際の留意点としては個人と企業とでは考える視点が変わってくると思われます。
個人においてはパネル設置工事に対する留意点ということになります。
パネルは重量がありますので、設置工事を実施する際に屋根をキズつけないようにしなければなりません。
また、パネルの選択では耐久性のある品質の良い製品を選ぶ必要があります。
多くの専門業者が参入していますので、施工実績を確認のうえ工事を依頼することになります。
企業の場合には継続的に事業として成り立つかどうかを判断のうえで取り組むべきです。
買取価格が設定されていますが、この金額は技術革新などによって見直されることになっています。
太陽光については既に当初の価格が大幅に低くなっています。
事業採算の見通しが立てにくくなっています。