価格の低下

建物と太陽光パネル

近年、石油やガスなどの資源エネルギーから太陽光などの自然エネルギーを使った発電にシフトすることが課題になっています。
最近では自宅の屋根にソーラーパネルを設置して家庭で自家発電を行う家庭も増えてきました。
太陽光を利用した発電で家庭の電力をまかなうことができ、余った場合は電力会社へ売ることができるので人気を集めています。
上手に節電を行いながら暮らし、電力を売ることでソーラーパネルの費用を数年で回収できることもあります。
自家発電のもう一つの魅力としてはもし停電になっても電気を使うことが可能なので震災などの自然災害の時も安心することができることです。
このようなことからも今後も太陽光を利用した発電は家庭でも主流になっていくことが予測されます。

昔はソーラーパネルを設置する家庭は少なく、パネルの費用も高額でした。
また電力へ変換する効率もそれほど優れていなかったので普及が進んでいませんでした。
現在では以前に比べて価格が下がり、また変換効率のよいソーラーパネルも開発されて新築物件では屋根に設置を希望する人が増加しています。
また国の政策で1994年から太陽光パネルの普及のために補助金を支給していたこともあり今では一般的に認知されるようになってきました。
今後このソーラーパネルはどんどん開発と改良が進み、より性能の優れた製品が市場に出ることが考えられます。
それにより価格は今よりも下がる可能性があり、より多くの家庭でソーラーパネルの設置が行われるようになるでしょう。