価格の低下
建物と太陽光パネル

現在エネルギー資源の主流は太陽光発電に移り変わろうとしています。家庭で太陽光発電を行なうソーラパネルの価格は高額でしたが、近年は低価格で購入することが出来るようになってきています。

様々な自然エネルギー
畑と太陽

自然エネルギーを使った発電や、原子力発電などの発電方法がりますが、安全性の面などが問題になっています。各家庭にソーラーパネルを設置する技術力が高まることでさらに太陽光発電が普及します。

財布と地球に優しい
木漏れ日アップ

太陽光発電は、自宅やオフィスなどにも取り付けることが出来ます。電力が余った際は売却して収入を得られるメリットもあります。CO2排出量を抑えるといった環境への優しさも大きなメリットとなります。

エネルギーシステム

エネルギーの問題

ソーラー標識

昨今世界的な問題となっているのが、エネルギー資源の不足です。現在、我々が快適な暮らしをするために欠かせないのが電気です。
電気を発生させるためのエネルギー資源が不足しており、どのようにしてエネルギー資源を確保するかが世界的な課題となっています。
エネルギー資源として最も多く使われていたのが、化石燃料と呼ばれるエネルギー資源です。化石燃料は、石炭や石油といったものです。
何億年前の動植物が地下に埋まり、液化したのが石油です。そして、固形化したのが石炭、ガスとなったのが天然ガスです。
このような化石燃料には限りがあります。やがて底をつきてしまう化石燃料をできるだけ節約しつつ、その他のエネルギー資源を見つけなければなりません。
また、このような化石燃料でエネルギーを発生させる際は、主に火力発電となり地球温暖化減少の原因ともなる二酸化炭素を多く排出してしまいます。

このままのペースで化石燃料を使い続けていくと、石油は46年、天然ガスが59年、ウランが106年、石炭が118年で枯渇してしまいます。
そのため、新たなエネルギー資源によって電気を生み出す必要が出ています。化石燃料を使わずに発電する方法として、風力、波力などがあります。
その中でも世界的に導入が進められているのが太陽光発電です。太陽光は枯渇すること無く継続して使用することが出来ます。
また、CO2を排出しないので地球温暖化現象を防ぐことが出来ます。各家庭でも取り入れられる事が出来るため、積極的に導入していきましょう。